’14.8/8(金)から8/10(日)の旬のメニューです

<前菜>
・キハダマグロのカルパッチョ サルサベルデ ¥1,600
603724_711868765547293_1513593706933254348_n
・水牛のモッツァレラとミニトマトのブルスケッタ(会員限定)¥500
10252074_711868725547297_8131691473194597182_n
<パスタ>
・リガトーニ アッラノルマ ¥1,600
image
<魚のメイン>
・天然ハマチのフリット 南瓜のソース ¥1,600

<肉のメイン>
・ブタ肩肉の煮込みのそば粉のガレット サラダ仕立て ¥1,600
10599625_711868678880635_2962647181140447620_n
<デザート>
・ヨーグルトのジェラート ・はらんきょうのジェラート 各¥350 盛り合わせ¥550

・桃づくし(桃のコンポート、桃のグラニタ、桃のジュレ、会員限定) ¥750
10487418_708352495898920_3040116896679644415_n

<テイクアウト用の焼き菓子>

・アーモンドのカントゥッチ    ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ¥270

・ヘーゼルナッツのカントゥッチ   ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ¥320

・プレーンラスク ・ココアのラスク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 各¥270

・ロッチャ コッコ  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ¥270

・アーモンドメレンゲ(残りわずか) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ¥270

・ポレンタクッキー       ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ¥270 (小¥110)

・アーモンドポレンタクッキー(大判1枚入り) ‥‥‥‥‥‥‥ ¥220

<テイクアウト用の焼き菓子 ギフトボックス>

◎箱入り小 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ¥1,240

・アーモンドカントゥッチ ・ロッチャコッコ ・ポレンタクッキー

・アーモンドポレンタクッキー ・ラスク

◎箱入り大 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ¥1,880

・アーモンドカントゥッチ ・ヘーゼルナッツのカントゥッチ ・アーモンドメレンゲ

・ロッチャコッコ ・ポレンタクッキー ・アーモンドポレンタクッキー ・ラスク

<前菜>
・キハダマグロのカルパッチョ サルサベルデ

キハダマグロのカルパッチョをパセリのソースで食べていただきます。

キハダマグロの塊を直火で炙ります。

冷ませてから・・・
マリネにします。

薄く切って盛り付けます。

緑が鮮やかなパセリのソースで・・・。

サラダは
セロリと玉ねぎとレタス。
セロリの香りと火の香り
玉ねぎの甘味が赤身のマグロによく合います。
レタスの清涼感。

パセリのソースをつけながら
マグロはもちろんですが
サラダでも
しっかり酒が飲めますね。

毎週のように
稲月シェフの料理を食べていると
以前とは、考え方が変わってきましたね。

昔はお造りを楽しく食べていたんですが

最近は
せっかく外で食べる生のお魚料理なら
お造りよりも
もうひと手間入ったカルパッチョの方が
得した気分になりますね。

サルサベルデのソース一つとってもね・・・

もちろん
醤油も美味しいんですよ!

でも
パセリをミキサーで回して・・・

手間をかけたソースで
風味よく食べるマグロのカルパッチョ。

ええもん食べた気にさせてくれるのは
私だけではないはずですよ!

お勧めですね。

<パスタ>
・リガトーニ アッラ ノルマ

揚げナスとトマトのパスタです。
仕上げに、リコッタ・サラータ(熟成させたリコッタ)を振り掛けます。

『ノルマ』とはシチリア出身のオペラ作曲家ベリーニの代表作の名前。
このパスタがそのノルマのように素晴らしかったため、
ノルマ風というふうに呼ばれるようになったらしい。

バジルの緑 リコッタチーズの白 トマトソースの赤
綺麗な彩りでイタリア国旗の色。

まず、
トマトソースが違います。
今までのくえろのトマトソースとは違います。
トマトだけではなく
ドライトマトをふんだんに入れます。
おいおいおい!というほどに(笑)

このコクのあるトマトソースは太目のパスタと相性が良いです。
リガトーニというペンネよりももう少し大きい筒状のパスタを使います。

上には素揚げした茄子。

さらに、
リコッタをオーブンで焼いて水分を飛ばしてから
パルメザンチーズを加えた自家製のリコッタチーズも
仕上げに振り掛けます。

かなり
イタリアの味に近くなりました。
『カーチョ エ ペペ』と並んで私が最も好きなパスタです。
いや最近は『アッラ ノルマ』の方が食べたかったかな。
というのも
『アッラ ノルマ』は日本で再現できないと思っていたので
イタリアでは必死になって食べていました(笑)。
しかし
今回でまた順位が変わったかな?
そのくらいの完成度ですよ。

トマトソース好きは絶対に見逃せないですよ!

ノルマを知らないトマトソース好きは潜りだと思います(笑)
これ食べてから
他のトマトソースを論じてほしいですね。

稲月シェフが
私の強いリクエストで再現してくれた
気持の入ったパスタです。
強くお薦めさせていただきます。

<デザート>
・桃づくし(桃のコンポート、桃のグラニタ、桃のジュレ、会員限定)

桃のコンポート、桃のグラニタ、桃のジュレを盛り合せています。

『桃づくし』
どうですか?
このネーミング(笑)。

最も人気の果物は・・・

色々ご意見はあると思いますが
必ず上位に入ってくるのは
『桃』じゃないでしょうか?

この時期は
どうしても外せないですよね。

桃ってメロンほど特別感はないですが、
手の届く贅沢感がありますね。

バニラのジェラートを合わせます。

バニラと桃って合うんですね。

『まったり』つながりですね。

まったりとしたバニラの香りに
まったりとした桃の甘味が
最高に合う!

そこに
バニラのグラニタ(かき氷)
糖度が高いからか・・・
桃のジュレが隣にあるからか・・・
氷も桃の氷ならガリガリ感が少ないですね。

上手く繋がっています。

美味しい!!!

横には
羽をモチーフにしたクッキーが

RED WING (レッドウィング)のロゴかよ!と
突っ込んでしまったような盛り付けです。

男子だけ頷いてくれれば十分です(笑)

年に何回もしない『桃』を使ったデザート

桃好きの方は必ず食べておいてくださいね。

カテゴリー: 旬のおすすめメニュー パーマリンク